アイスランド東部の秘境が圧巻すぎて話題

アイスランドには沢山の秘境が存在している。グリューブラブーイの滝、クヴィートゥセルクールの岩、ホルフロインの溶岩原、ヴィクナスロージル、スタックホルツギャオ峡谷、ショウルスアゥルダルル渓谷、フャズラオルグリューブル峡谷、キョルルの山道、グリームルの滝、数え上げるとキリがない。

しかし、アイスランドは広大だ。なのであまり知られていない秘境も数多く存在する。その一つがアイスランド東部にある「Stuðlagil Canyon(ストゥズラギル渓谷)」だ。

この渓谷は、細長い玄武岩の柱が連なって出来たとても短い渓谷で、秋になると色が変わる川が流れている。最近SNSを通して爆発的にバズり人気が急上昇しているので見たことがある人もいるかもしれない。アイスランドの秘境を探している人は立ち寄ってみてはいかがだろうか。

行き方・アクセス

ちなみに峡谷に入って川に降りるには、東側からアクセスする必要がある。環状道路から約14キロ先にあるKlaustursel農場近くの国道923まで行くと、橋が見えてくる。そこから徒歩で橋を渡り、約5キロ進むと峡谷に降りることができる場所までたどり着く。岩や石は非常に滑りやすいので注意が必要だ。ちなみに西側からだと峡谷に降りることはできないので気をつけよう。

また、5月1日から6月10日までの期間はコザクラバシガンの群れが繁殖し、峡谷に沿って産卵する。 その期間は鳥を邪魔しないようにマークされた小道を守りながら進むように求められる。

場所:Google Map