サブカルチャーとは、アンダーグラウンドとの違い

サブカルとアングラの違いをザックリと説明すると

日本で言うサブカルはゲーム・アニメ・漫画・ラノベ・スケボーなど、「メジャーではないポップカルチャー」のことを指します。一方アングラは、ギャング、ダークウェブ、レジスタンス、江戸時代に発生した隠れキリシタンなど、「水面下で密かに行われている活動や運動」のことを指します。

『1960年代に強烈な差別を受けていたゲイというサブカルチャーが、人々に隠れて恋愛ができるディスコというアンダーグラウンドを誕生させた。』という事例から説明すると、サブカルチャーは文化そのもの、アンダーグラウンドは活動や運動、もしくは活動の場を指しています。

サブカルチャーとは

アメリカにおけるサブカルチャー

サブカルチャーという言葉は元々、アメリカの社会学者であるデイヴィッド・リースマンが1950年代に「主流文化に反する社会的少数派」という意味で使ったのが始まりとされています。

ただ、日本との違ってアメリカの場合、少数民族やLGBT、ストリートチルドレンなどの「社会的」な副次文化・下位文化を指しているようです。

日本におけるサブカルチャー

日本では、漫画やアニメ、ゲーム、アイドル、マニアックな音楽など「オタク文化」と呼ばれるポップカルチャーに対して指すことが主流となっています。

なので、アメリカ人に「私はサブカルチャーが好きです」と言った場合、「この人はアイヌ民族とかLGBTなどの文化に興味があるんだな」と勘違いされてしまう可能性があります。

アンダーグラウンドとは

アングラも海外と日本ではニュアンスが異なります。元々の意味としては、「社会に対しての反発運動や批判活動」を意味しており、アメリカではこの意味で使われる場合が多いです。

日本では以下2つの意味で使われていることが多いです。

①ディープでコアな文化

クラブ・ミュージックやフリースタイルラップ、グラフィティ、地下格闘技など、もの凄くディープでマニアックな文化を指す場合があります。

一般的にサブカルチャーよりも人口が少なくて、犯罪や暴力などの危険なイメージを持っている人が多いように感じます。

②裏社会を意味する使い方

漫画や映画などでアングラ物と呼ばれるジャンルは、ヤクザやギャング、犯罪組織などの「裏社会」を題材にしたダークな作品を指します。作品の人気や知名度、メッセージ性などは関係ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です