【2020年最新版】安物 ブルートゥースイヤホン が高級音質になるアプリ|超長時間再生できるイヤホンも紹介【イコライザーアプリ】

日本のポップスからセルビア共和国のアングラまで、幅広い音楽を愛する私が超オススメする、超安い ブルートゥースイヤホン が高級音質になるアプリを紹介!ついでにコスパ最強のブルートゥースイヤホンも共有します。

では早速いきましょう!

どんなアプリか

今回紹介する使い方は、スマホやパソコンの端末に音量や音質を調整するイコライザーアプリを使う方法になります。

なのでイヤホンに関しては音質の部分ではなく、値段と使いやすさと丈夫さと機能面を重視しています。

イコライザーアプリは月額300円(PCは購入)のソフトをオススメします。これを使うだけで安物のイヤホン/ヘッドホンで高音質が楽しめるというわけです。

超オススメのイコライジングアプリ

今まで合計12個のイコライザーアプリを使って、その中で一番オススメするイコライザーアプリは「Boom: Bass Booster & Equalizer」です。これは音好きには有名なイコライジングアプリで、使いやすく、自由度の高さのわりに安めで使用でき、最新版の「Boom 3D」では、その名の通り3Dサラウンドで立体的な音楽を楽しめます。

重低音を活かした音楽では重厚な低音を楽しめますし、ノラ・ジョーンズのような軽やかな音楽では滑らかでリアルな音質で楽しむことも可能です。

これでショボい音質のイヤホン/ヘッドホンでも高音質に変換することができるというわけですね。ただ、本当にショボいイヤホンだと音割れしたりするので、ある程度の性能がないとダメですが。

あと、スマホの場合はGoogle DriveやDrop Boxに保存している音楽もダウンロードして聴くことが可能です。

対応しているアプリは「iTunes Music」、「Spotify」、「TIDAL」 です。LINE MusicとかAWAは対応していませんので気を付けてください。

他のアプリと比べて優れている部分はUIです。圧倒的に画面みやすいし使いやすい。EQの設定もジャンルを選ぶだけの簡単設定から、イコライザーをいじって細かく調整することも可能です。

イコライジング設定は、画面右下の再生メニューにあるBoomアイコンから。

スマホアプリだと毎月300円、パソコンだとBoom2が大体1000円、Boom 3Dだと4000円で購入する流れになります。Boom2でも十分な性能ので是非試してみてください。マジで良いです。

オススメのブルートゥースイヤホン

このイヤホンをオススメする理由は「安い」「50時間の連続再生が可能」「高速充電対応」「生活防水」「ノイズキャンセリング機能搭載」「それなりの基本性能」という点です。中国製っぽいです。Ankerしかり、最近の中国製は安く良いもの作っているところ多いですね。欠陥品も多いですけど。

だいたい現行のBluetoothイヤホンの連続再生時間って5〜16時間なんですが、この製品は50時間連続で音楽を聴きっぱなしするということができます。ただ、そのままだと音質は普通です。重低音が魅力の音楽を聴く人には物足りないレベルです。あと、ノイズキャンセリングの性能はイマイチです。

あとがき

最近のイヤホンは安い物も割りかし性能が良くて、値段が上がるにつれて性能面は差がなくなり「音質の好み」で良し悪しが分かれるので、結局は「基本性能の高いイヤホンを、アプリを使って自分好みの音質にする」というのが最強になっています。

ちなみに、今回のBoom 3Dアプリを、私のお気に入り高級ヘッドホン「ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4」や、良いスピーカーで使用すると超最強音質になります。(イヤホンじゃ限界があるのでダメ)

WH-1000XM4を気に入っている理由はノイズキャンセリングの性能の高さです。耳に装着した瞬間、防音部屋に入ったかのような静寂感をここまで感じさせてくれるのは滅多にありません。

めちゃくちゃ良いヘッドホンが欲しい人にはオススメです。是非どっかの店で試してみてください。あと「スカルキャンディーのサブウーファー搭載 ノイズキャンセリングヘッドホン Crusher ANC – S6CPW-M448-A」がウーファー内蔵して重低音ゴリゴリでオススメです。