YOASOBIのビート単調で音色と音圧ショボい発言の炎上に思うこと

先日、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんがTwitterでプチ炎上した「YOASOBIのビートと音圧音色ショボい発言」の件について、本当は超どうでも良いけどまとめてしまったので今更ながら公開しておこうと思います。

今回の騒動ですが、おそらく宇野維正さんもYOASOBIの音楽を完全に批判している訳ではないのでしょう。しかし「YOASOBIの音楽はショボい」「あなた達はこんなショボい音楽を聴いて満足してるの?」と、YOASOBIとリスナーを批判しているように捉えられてしまう発言となっています。

また、「良い音楽はビートが複雑で音色と音圧がショボくないこと」と定義していているような内容にもなっていて、今回の一連では「世間にウケるとはどういうことか」であったり「良い音楽とは何か」ということを考えさせらる結果となりました。

当然、このツイートにはたくさんのリプライが寄せられたわけですが、その中で私が「確かに」と思ったのが以下2つのリプライです。

以前に「初音ミクが歌ってたらここまで成功しなかった」という内容のツイートもどこかで見かけましたが、まさにその通りで、実際に売れる曲って音圧とか音質とかコンセプトとか関係なくて、それ以外のマーケティングとか音楽以外の外部要素がめちゃくちゃ大きくて、YOASOBIだからこそ、ここまで世間にウケたんだと思います。

元々Ayaseさんは「東京幽霊」でボカロや歌い手界隈でヒットして熱狂的なファンが大勢いて、その状態で人気の THE FIRST TAKE に出演したのでバズって一般層への認知度が劇的に急上して大きな話題を呼んだ。それがここまで売れた原因ではないでしょうか。

つまり、今回の問題の着地点は「ビートが単調で音色と音質がショボくても世間は認めてくれる」ということ。そして「アーティストとして成功するにはマーケティングなど音楽以外の要素が大事」だということ。

まあでも良い音楽は人それぞれで違いますし、あくまで個人の批評・評価・感想ですので、それこそ宇野維正さんの発言に対してキレ気味であーだこーだとマウントを取る行為はどうかと思います。

今回のTwitterのリプライでは感情に任せた攻撃的な意見を宇野さんにぶつける人達が結構いましたが、こういった攻撃的でバカなヤツが多いと集団リンチになります。その結果として、バカで攻撃的なヤツが強い世の中になってしまうので、今回の様な批評や批判に感情で語らずに建設的で有意義な議論ができる人が増えるといいですね。

ということでみなさま、良き音楽ライフをお過ごしください。

※音圧(おんあつ):DTM業界では簡単に説明すると曲全体の音量の大きさを指す。クラブ音楽シーンでは良質な特殊スピーカーで再生することを前提に楽曲を制作するので、人間の可聴域を超えた低音域などをカットせずに敢えて振動にさせたりするが、それら可聴域外の音も音圧に含まれる。

※音色(ねいろ/おんしょく):音の質感。同じギターでも安物と高級品では音色が違う。人それぞれの好みや感性、または経験によって音色の良し悪しは変化する。